SUZ45
トップ > おすすめ投資信託銘柄 > 【初心者がハマる】おすすめしない投資信託銘柄と理由

【初心者がハマる】おすすめしない投資信託銘柄と理由

はじめに

初心者がハマりやすい、おすすめしない投資信託のランキングと理由を解説しました。おすすめしないのは、「ベア」「日本株ファンド」「石油」「為替ヘッジあり」などです。

目次

  1. おすすめしない投資信託銘柄
  2. 相場観
  3. お役立ちサイト
  4. まとめ
  5. 姉妹サイト

おすすめしない投資信託銘柄

ベア

おすすめしない理由
基準価格騰落率
備考
参考銘柄

日本株ファンド

おすすめしない理由
基準価格
備考
参考銘柄

石油

おすすめしない理由
基準価格騰落率
備考
参考銘柄

為替ヘッジあり

おすすめしない理由
基準価格・純資産総額の推移
備考
参考銘柄

相場観

相場は、常に変化していて、一筋縄では読み切れません。

ここでは、これからの相場について、思ったことを書きます。

投資は、自己責任でお願いします。

円高ドル安

長い目で見れば、確実に円高ドル安になる時が来ます。

ただし、1ドル100円になるかと言えば、しばらくはならないでしょう。

米国の金利が、3%あたりで、利下げ終了でしょうから、あとは、日本の利上げ次第です。

おそらく、長い時間をかけて、2%くらいになるのが精一杯でしょう。

その時、金利差は、1%になります。

今と比べて、大きな違いがあります。

この時、米国は、ゴルディロックス相場になります。

この、円高の時に、米国への投資を積極的にしましょう。

なぜなら、これ以降、円安になった時に、米国の投資信託などは、為替差益が出るからです。

逆に言えば、円高になるなら、米国投資は、ほどほどにしておくべきでしょう。

あるいは、為替ヘッジありのものがおすすめです。

早期利下げ観測

米国の利下げが、視野に入ってきました。

その理由の一つでもある、景気後退。

せっかく利上げが停止されるのに、景気後退で、株価下落か、と思いますが、経済が冷え込んでくると、「早期利下げ」の可能性が、出てきます。

景気後退も、悪いことばかりではないということです。

ゲームチェンジャー

現在の相場は、「米国指標:インフレ高進」→「米国利上げ観測」→「米国金利高」→「株安・円安ドル高」となっています。

これを大きく変えるのは、「米国の利下げ」でしょうか。

それが、視野に入る頃までは、軟調な地合が続くかも知れませんね。

また、指標で相場が動いても、すぐに元に戻る傾向も見受けられます。

仮に、日本の為替介入があっても、多分、すぐに元に戻ってしまうでしょうね。

ソフトランディング

米国株式は、緩和バブルからのソフトランディングに向けて、飛行中です。

日本株式は、緩和バブルをひたすら盲進しています。

米国は、インフレという難敵に直面して、利上げで軌道修正しましたが、日本は、どうなるでしょう。

まだ先のこととは思いますが、頭に入れておかないと、大失敗しそうですね。

日銀の金融引き締め

日銀は、今後、YCCの修正などを皮切りに、金利を上げていくことになるでしょう。

それに伴う動きに関して。

日銀が、金融引き締めをすると、円高ドル安になります。

それによって、日本株安になります。

さらに、外国の債券が、売られるようです。

米国債が売られると、米国の債券利回りが上がります。

それによって、ナスダックなどの株安になります。

これまでは、米国の金融引き締めに気を取られていて、日本の引き締めをした場合のシミュレーションが、足りませんでした。

円高ドル安→米国の債券利回り低下→米国株高と、単純には行かないようです。

これまで、債券利回りが、株式の尺度のようになっていましたが、あくまで、FF金利が、そうあるべきで、そこに回帰したのかも知れません。

事実、債券利回りが上昇しても、株高になることもあります。

この「尺度」を、今一度再確認すべき時なのかも。

米国の利下げ

米国は、利上げの停止〜利下げに向かって行きます。

それに伴い、円高ドル安傾向になるでしょう。

そして、米国株高。

もし落とし穴があるとすれば、意外に時間がかかることなど。

さらに、リセッション。

これは、各国の金融引き締めによって、もたらされるものでもあります。

それを、十分考慮してきませんでした。

米国の台所事情だけを見ていてはいけないのです。

ただ、米国の場合は、最悪、利下げを早めれば良いので、少しは安心かも知れませんね。

お役立ちサイト

投資する際に、役に立つサイトをご紹介します。

株価指数先物

株価指数の先物の一覧です。

これで、売買計画を立てると、良いでしょう。

原油価格

原油の他、多くの商品(コモディティ)のリアルタイム価格が分かります。

チャートも随時更新されるので、とても便利です。

インド株価指数

インドの株式の価格とチャートを提供。

インド関連の投資信託を売買する際に役に立ちます。

シミュレーション

投資信託の投資シミュレーションをすることができます。

運用利回りは、20%ほどにすると良いでしょう。

アメリカ10年債券利回り

注目の米国10年債券利回りの情報です。

投資信託の売買の参考になります。

主要各国の金融政策スケジュール

政策金利などを決定する各国の金融政策のスケジュールです。

必ずチェックしましょう。

ゴールド価格

金(ゴールド)の価格の情報です。

長期のチャートも見ることができるので、便利です。

まとめ

以上の銘柄は、初心者が一度は手を出したくなるものです。

しかし、構造上、勝てる見込みはありません。

他に、もっと堅実に儲かる銘柄があるので、そちらを買いましょう。

投資は、自己判断でお願い致します。

姉妹サイト

初心者の初心者による初心者のためのおすすめ投資信託銘柄と理由 【初心者がハマる】おすすめしない投資信託銘柄と理由 【初心者必見】株式より投資信託をおすすめする6つの理由 【毎日一問】株・投資信託の実用的な質問にAIが回答:役に立つ 【ニュース深掘り】日々のニュースで儲かる投資信託を指南

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.